グーグルサイト内検索サイト内検索

再雇用シミュレーション

RSS
お持ちのRSSリーダーなどに登録をすると新着情報がGETできます。

Powered by
Movable Type 3.21-ja

OSRC » 天声人事 » 年金記録問題

年金記録問題

記事概要

ここしばらく新聞・テレビ・インターネット上に年金に関する報道や記事がない日はありません。
個人的には消えた年金、宙に浮いた年金問題は、全てが社会保険庁の責任ではないと思いますが、社会保険庁は、今までに下記の3つの大きな過ちを行ってきたが為に、全て社会保険庁が悪いということになってしまったようです。

詳細

(1)過ちその1
資格取得処理(入社手続き)の時、手間暇がかかり仕事が増えるという理由なのか「前に振り出してある年金手帳番号の確認」をせず、新しく年金手帳番号を限りなく振り出した
(コメント)
厚生年金に加入歴のある人が転職し、再度厚生年金に加入する場合、年金手帳を提示しなければなりません。しかし紛失等の理由で提示できない場合、役所は前勤務先を管轄する社会保険事務所等に問い合わせをし、手帳番号を確認すべきであるにもかかわらず煩わしかったのか確認をしなかった。新しく手帳番号を振り出せば、その処理は即終了ということになりますから。こういうことで手帳番号が限りなく増え続けたということです。

(2)過ちその2
データを紙媒体からコンピューター化する時に、杜撰な移行処理を行った。
もっと、しっかりと照合確認をして移行すべきであった。十分な確認もせず移行してしまったケースも多かったようだ。
(コメント)
消えた年金記録、宙に浮いた年金記録(氏名のフリガナミス、納付期間のミス等)ばかりが大きく問題になっていますが、もう一つ見落としている問題があります。
標準報酬月額(給与額)の入力ミスもあったはずです。データ量としてはこちらの方が多いのですから。
厚生年金の年金額は、納付期間とその間の給料の平均(平均標準報酬額)で計算し求めます。標準報酬月額に入力ミスがあるとすると損している人、得している人があるはずです。今となっては、過去の給与明細を持っていないと確認のしようもありませんが。それ故にあまり問題にはならないのでしょうか。

(3)過ちその3
年金データの不備に気が付いていた社保庁の幹部の方々は、この不備の発覚をおそれ隠そうとし続けた。
(コメント)
数年前まで本人が社会保険事務所で自分の年金納付記録、平均標準報酬額を知ろうとしても役所はデータを交付しなかった。ミスの発覚を恐れ交付しなかったようだ。(取扱いは県により違っていたようであるが。)
しかし、隠そうとしたことが更に不信感を増幅し、問題を大きくさせる結果となった。
厚生年金基金の代行返上の時に、突合に非常に時間がかかったと聞く。また最終的に記録違いがあった場合、社保庁の記録に訂正させたと聞いている。一体どちらの記録が正しかったのだろうか。

いずれにせよ、このようなことをしていては信用失墜も免れないでしょう。全てについて役所が悪いというわけでもないのに。
次のようなケースは、役所の責任ではない宙に浮いた年金の一例です。
①昔、女性の方は就職の時に年齢制限があった。その為に生年月日を偽って入社した人もいるのではないか。
②何らかの理由で、正しい氏名を使えない人が偽名を使って入社した例もあるのではないか。もしくは俗名を使って入社した人もあるのではないか。
③生命保険会社でよくあったケースであるが、自分が知らない間に厚生年金に加入していたケースもあるようだ。それに気づいていない人もいるのでは。
            等々

◆最近、資料やデータが少しずつ社保庁より出てきているようです。
①役所外で年金相談等に係わってきた人であれば、これまでいかに役所が資料やデータを出さなかったかご存じだと思います。善し悪しは別として年金業務に携わっている市役所の職員でさえ厚生年金のデータを見ることはできず、年金相談業務がやりづらかったことと思います。それが、最近少しずつではありますが、資料やデータが出るようになりました。本来であれば、もっと前から行っていなければならない個人の納付記録や保険料納付額の通知等、これからは「年金定期便(35歳の方に年金納付記録を送付)」、「ねんきん特別便(すべての方に年金記録を送付)」等で知らせる予定です。
なお、その為に住所の正確な登録が必要です。転居した場合は、住所の変更手続を必ず行ないましょう。住所の変更が行われていない場合、返送されることとなります。
現在、厚生年金加入者は、住所の登録が義務づけられていますが、登録の住所に間違いはないでしょうか。会社の担当者は確認が必要です。

②年金を勉強している人にとっては、社保庁のHP「年金記録問題につて」の資料も参考になると思います。以前はこのような資料は出なかったのではないでしょうか。
年金記録管理のこれまでの経緯(pdf 792kb)
 http://www.sia.go.jp/top/kaikaku/kiroku/shiryo2-1.pdf
年金記録問題について(pdf 1563kb 2007(平成19)年7月4日)
 http://www4.sia.go.jp/top/kaikaku/kiroku/shiryo3-1.pdf
年金記録の事務処理について(pdf 579kb 2007(平成19)年7月4日)
 http://www4.sia.go.jp/top/kaikaku/kiroku/shiryo3-2.pdf
市町村における国民年金被保険者名簿等の保管状況(pdf200kb 2007(平成19)年7月4日)
 http://www4.sia.go.jp/top/kaikaku/kiroku/shiryo4-1.pdf

記事作成:th