グーグルサイト内検索サイト内検索

再雇用シミュレーション

RSS
お持ちのRSSリーダーなどに登録をすると新着情報がGETできます。

Powered by
Movable Type 3.21-ja

OSRC » 過去の相談案件 » 契約社員の雇い止めは、会社の自由ですか?

契約社員の雇い止めは、会社の自由ですか?

相談内容

当社は近年、正社員の採用を控え、契約社員を中心に採用を増やしています。
 多くの契約社員の中には会社の指示を素直に聞いてくれない社員がいますので、今回の契約期間満了をもって更新しないことにしようと思っていますが、事前に通知しておけば問題ないでしょうか?

回答

・期間契約社員の雇止めの問題ですね。
 雇止めに関しては、最近、裁判例でも非常に増えています。正社員の解雇に関する事件よりも多いかもしれません。
 期間契約社員ということで、契約期間を定めていますので、期間満了をもって契約終了と思いがちですが、労働契約に関してはそう簡単には行きません。

・一言で言いますと、解雇法理が類推適用され契約期間満了以外の「合理的で正当な理由」が必要です。但し、正社員と比べた場合は、正社員よりも緩やかに解釈される傾向がありますが、
 最近は、正社員は少数で、大多数が契約社員等である場合は、全く同じ基準で判断するケースも出てきていますので、注意が必要です。

・トラブル防止の1つの方法としては、「次回は更新しません」という特約をつけて最後の更新を行うことです。このような特約を付ければ、裁判所にも理解して頂けるでしょう。

・契約社員を雇う場合は、契約社員用の就業規則を整備すべきです。その中で、契約社員の性格(採用時の採用基準、契約更新時の更新基準、更新手続、職務を限定するのか、兼業義務を負うのか、等々)を明確にして下さい。


記事作成:OSRC

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://osrc.jp/mt/mt-tb.cgi/11